頬骨の美容整形手術のクチコミ

人気のある医師は予約を取る


骨が原因で目立つならば、その骨を削るしかありません。頬骨のボリュームを減らすのは、やはり美容外科しかないと思い、医師とのカウンセリングを受けることにしました。形成外科医としての経験も必要でしょうし、顔だけではなく頭部全体を見てバランス良く仕上げることのできる、美的感覚とセンスも必要になります。骨を削るわけですから、後遺症などのリスクまで考えて、実績と信頼のある医師を、真剣に探しました。

人気のある医師は予約を取るのも大変ですし、手術の費用もほかの医師より高いこともあります。値段はあまり高いのは困りますが、とにかく信頼できる医師でないと手術は決めることはできませんでした。内出血はそのうち引くとしても、感染症や感覚がおかしくなったり、手術の下手な医師にあたると思いもよらない後遺症が残りますから、医師選びは本当に慎重でした。それほど慎重になったのは、数々の実際に手術をした人たちのクチコミを読んだからです。

手術をしたらワイヤーやプレートを使うことになりますから、今後のレントゲンなどにも影響します。CTやMRI,それにレントゲンなどには、こうしたワイヤーやプレートは撮影をしたら、画像にもうつることになります。検査はできますがそうhしたことまで考えて決断をするよう、最後にカウンセリングをしたい師からは教えてもらいました。ヘタに削りすぎると、今度は頬骨のボリュームがなくなりすぎてしまい、不自然になることも言われました。